Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Events

medit.tech が、医療関係者の皆様に有用と思われる医療ICT関連のイベント(主に学会以外)をご紹介します。

※ご紹介するイベントは、medit.tech編集部が独自に情報収集し記載するもので、記載された各団体よりいかなる便宜も受けておりません。

12月
14
2018
「ソーシャルインクルージョン」って何だ? 改めて「地域共生社会」を考える @ 東京国際フォーラム
12月 14 @ 3:30 PM – 7:30 PM

スポンサーリンク

医療法人社団悠翔会×在宅医療カレッジ特別企画2018
〔誰もが幸せに暮らせる「ソーシャルインクルージョン」って何だ? 改めて「地域共生社会」を考える〕

世界的に進む超高齢化の先頭を走る日本。
現在28%の高齢化率は将来的に40%を超え、2040年には高齢者の34%、実に日本人の7人に一人が認知症に。そして、現在も、全人口の15%が何らかの障害とともに暮らしています。

私たちはこれまで高齢者や障害者などを「社会的弱者」・「支えが必要な人」として、一方向性の支援の対象としてきました。
しかし、「支える側」は人手や財源の不足が深刻化しつつあります。
一方で、「支えられる側」の人たちの多くは、自らの生活や人生を自らの手で選択することができていません。生きる目的や社会的な役割、時にコミュニティの中の居場所をも失いつつあります。また、必要な支援が受けられず、社会の中で孤立し、厳しい生活を強いられている人たちもたくさんいます。
この「支える側」「支えられる側」双方のミスマッチは、医療や介護の現場に大きな歪みをもたらしています。
誰もが安心・納得して暮らし続けられる社会を創るために、私たちはどうすればいいのでしょうか?

今年のラウンドテーブルディスカッションのテーマは「地域共生社会」。

人と人とのつながりのなかで、誰もが孤立や排除から解放され、コミュニティの一員として包み支え合う。目的を持って生きる、役割を持って生きることで得られる「生きがい」は、私たちの心身の健康維持にもつながることがわかってきました。

地域包括ケアシステムや医療・介護という発想のフレームを超えて。
社会全体が「ケアし合うコミュニティ」になるために、そして超高齢社会を明るく豊かな未来として次世代に引き継ぐために、わたしたち専門職や事業経営者は、そして国や行政機関はどうあるべきなのでしょうか。

今年も最前線で活躍するオピニオンリーダーたちが東京国際フォーラムに集まります。
年末の東京で、未来の日本を一緒に考えてみませんか?

開催概要

■日時:2018年12月14日(金) 18:00~21:00(17:30 開場)
■会場:東京国際フォーラム ホールB7 (東京都千代田区丸の内3₋5₋1) 

<タイムスケジュール>
17:30~18:00 開場/交流タイム
18:00~18:55 在宅医療カレッジ・医療法人社団悠翔会 2018年運営報告
19:00~21:00 ラウンドテーブルディスカッション
「誰もが幸せに暮らせる『ソーシャルインクルージョン』って何だ?
改めて「地域共生社会」を考える」

パネリストの方々にはそれぞれショートプレゼンテーションに加えて、「日本がこれから直面する社会課題」「日本の取るべき今後の方向性」「地域共生社会の実践モデル」の3つのテーマについて議論し、最終的に「地域共生社会って結局なんだ⁈」という問いへの具体的なイメージを共有したいと思います。

パネリスト(順不同・敬称略)
●西村 周三(医療経済研究機構所長/前国立社会保障・人口問題研究所所長)
●浅川 澄一(ジャーナリスト/元日本経済新聞編集委員、日経トレンディ編集長)
●大熊 由紀子(国際医療福祉大学大学院教授/元朝日新聞医学記者・論説委員)
●唐澤 剛(前 内閣官房まち・ひと・しごと創生本部・地方創生総括官)
●藤岡 雅美(厚生労働省健康局健康課・課長補佐)
●井階 友貴(福井大学医学部地域プライマリケア講座教授)
●雄谷 良成(公益社団法人青年海外協力協会 代表理事・社会福祉法人佛子園 理事長)
●加藤 忠相(株式会社あおいけあ代表取締役・慶應義塾大学客員講師)
●下河原 忠道(株式会社シルバーウッド代表取締役)
●佐々木 淳(医療法人社団悠翔会 理事長・診療部長)※モデレータ

■参加費:
事前申込:3000円(※ 前日振込完了までとなります)
当日受付:4000円

※お申し込み後のご返金は致しかねますのでご了承ください。
Peatixの譲渡機能にてご対応をお願いいたします。

■公募定員:600人

なお同日、15:00より新城 拓也先生の特別講演「患者から『早く死なせてほしい』と言われたらどうしますか?」が同会場にて開催されます。
こちらは医療法人社団悠翔会の業績報告の一環として開催されるものです。
シンポジウムにご参加いただける方は、こちらの特別講演も無料でご参加いただけます。

1月
23
2019
医療・介護保険情報と融合した新しい高齢者コホート研究による介護予防プログラムの開発 @ 東京ビッグサイト
1月 23 @ 1:45 PM – 3:00 PM

医療・介護保険情報と融合した新しい高齢者コホート研究による介護予防プログラムの開発

【K-11】1月23日(水) 13:45 – 15:00 / K会場(会議棟 703) 無料・予約制

厚労省が構想する医療介護情報基盤「PeOPLe」。その実現を進める宮田教授と、その情報基盤と連携し85-89歳の高齢者を対象とする新しいコホート研究を立ち上げた新井特任講師が、川崎殿町地区で進展するデータサイエンスの現在と未来について語る。

【企画協力:Med IT Tech】

宮田 裕章

慶応義塾大学医学部 医療政策・管理学教室 教授

新井 康通

慶應義塾大学医学部 百寿総合研究センター 専任講師

申し込みページはこちら(ヘルスケアITセミナー申し込みページ)

ICTの変革が実現する、ヘルスケア新時代:DAY3 @ 慶應義塾大学殿町タウンキャンパス
1月 23 @ 3:30 PM – 7:30 PM

開催概要

リサーチコンプレックス推進事業における各種ICTプロジェクト等の紹介を通じて人工知能や深層学習等を含む最先端データサイエンスの動向を解説し、具体的な社会実装の手順を示しつつどのように地域や国全体のWellbeing向上に貢献できるのかを解説します。本年度はヘルスケア領域での「イノベーション」創発に重点を置き、デザイン思考を取り入れたワークショップを通じてヘルスケア分野でのアプリ開発をグループで企画する演習も行います。

Day3

 平成31年1月23日(水) 15:30~19:30

講義タイトル:『ゲーミフィケーションとヘルスケアICT~行動変容を起こすアプリケーション』

ゲーミフィケーションを取り入れたウェルビーイング向上のアプリはつくれるのか?メーカーに加え製薬企業などのヘルスケア産業界から講師を招き議論します。EDGE形式のワークショップを1時間入れて生徒にアプリ開発のアイデアを考えてもらいます。

 >>開催会場:慶應義塾大学殿町タウンキャンパス

主催:殿町リサーチコンプレックス推進プログラム(中核機関/慶應義塾大学)
協力:株式会社ポケモン
   株式会社ナイアンティック
   神奈川県

12月
14
2018
「ソーシャルインクルージョン」って何だ? 改めて「地域共生社会」を考える @ 東京国際フォーラム
12月 14 @ 3:30 PM – 7:30 PM

医療法人社団悠翔会×在宅医療カレッジ特別企画2018
〔誰もが幸せに暮らせる「ソーシャルインクルージョン」って何だ? 改めて「地域共生社会」を考える〕

世界的に進む超高齢化の先頭を走る日本。
現在28%の高齢化率は将来的に40%を超え、2040年には高齢者の34%、実に日本人の7人に一人が認知症に。そして、現在も、全人口の15%が何らかの障害とともに暮らしています。

私たちはこれまで高齢者や障害者などを「社会的弱者」・「支えが必要な人」として、一方向性の支援の対象としてきました。
しかし、「支える側」は人手や財源の不足が深刻化しつつあります。
一方で、「支えられる側」の人たちの多くは、自らの生活や人生を自らの手で選択することができていません。生きる目的や社会的な役割、時にコミュニティの中の居場所をも失いつつあります。また、必要な支援が受けられず、社会の中で孤立し、厳しい生活を強いられている人たちもたくさんいます。
この「支える側」「支えられる側」双方のミスマッチは、医療や介護の現場に大きな歪みをもたらしています。
誰もが安心・納得して暮らし続けられる社会を創るために、私たちはどうすればいいのでしょうか?

今年のラウンドテーブルディスカッションのテーマは「地域共生社会」。

人と人とのつながりのなかで、誰もが孤立や排除から解放され、コミュニティの一員として包み支え合う。目的を持って生きる、役割を持って生きることで得られる「生きがい」は、私たちの心身の健康維持にもつながることがわかってきました。

地域包括ケアシステムや医療・介護という発想のフレームを超えて。
社会全体が「ケアし合うコミュニティ」になるために、そして超高齢社会を明るく豊かな未来として次世代に引き継ぐために、わたしたち専門職や事業経営者は、そして国や行政機関はどうあるべきなのでしょうか。

今年も最前線で活躍するオピニオンリーダーたちが東京国際フォーラムに集まります。
年末の東京で、未来の日本を一緒に考えてみませんか?

開催概要

■日時:2018年12月14日(金) 18:00~21:00(17:30 開場)
■会場:東京国際フォーラム ホールB7 (東京都千代田区丸の内3₋5₋1) 

<タイムスケジュール>
17:30~18:00 開場/交流タイム
18:00~18:55 在宅医療カレッジ・医療法人社団悠翔会 2018年運営報告
19:00~21:00 ラウンドテーブルディスカッション
「誰もが幸せに暮らせる『ソーシャルインクルージョン』って何だ?
改めて「地域共生社会」を考える」

パネリストの方々にはそれぞれショートプレゼンテーションに加えて、「日本がこれから直面する社会課題」「日本の取るべき今後の方向性」「地域共生社会の実践モデル」の3つのテーマについて議論し、最終的に「地域共生社会って結局なんだ⁈」という問いへの具体的なイメージを共有したいと思います。

パネリスト(順不同・敬称略)
●西村 周三(医療経済研究機構所長/前国立社会保障・人口問題研究所所長)
●浅川 澄一(ジャーナリスト/元日本経済新聞編集委員、日経トレンディ編集長)
●大熊 由紀子(国際医療福祉大学大学院教授/元朝日新聞医学記者・論説委員)
●唐澤 剛(前 内閣官房まち・ひと・しごと創生本部・地方創生総括官)
●藤岡 雅美(厚生労働省健康局健康課・課長補佐)
●井階 友貴(福井大学医学部地域プライマリケア講座教授)
●雄谷 良成(公益社団法人青年海外協力協会 代表理事・社会福祉法人佛子園 理事長)
●加藤 忠相(株式会社あおいけあ代表取締役・慶應義塾大学客員講師)
●下河原 忠道(株式会社シルバーウッド代表取締役)
●佐々木 淳(医療法人社団悠翔会 理事長・診療部長)※モデレータ

■参加費:
事前申込:3000円(※ 前日振込完了までとなります)
当日受付:4000円

※お申し込み後のご返金は致しかねますのでご了承ください。
Peatixの譲渡機能にてご対応をお願いいたします。

■公募定員:600人

なお同日、15:00より新城 拓也先生の特別講演「患者から『早く死なせてほしい』と言われたらどうしますか?」が同会場にて開催されます。
こちらは医療法人社団悠翔会の業績報告の一環として開催されるものです。
シンポジウムにご参加いただける方は、こちらの特別講演も無料でご参加いただけます。

1月
23
2019
医療・介護保険情報と融合した新しい高齢者コホート研究による介護予防プログラムの開発 @ 東京ビッグサイト
1月 23 @ 1:45 PM – 3:00 PM

医療・介護保険情報と融合した新しい高齢者コホート研究による介護予防プログラムの開発

【K-11】1月23日(水) 13:45 – 15:00 / K会場(会議棟 703) 無料・予約制

厚労省が構想する医療介護情報基盤「PeOPLe」。その実現を進める宮田教授と、その情報基盤と連携し85-89歳の高齢者を対象とする新しいコホート研究を立ち上げた新井特任講師が、川崎殿町地区で進展するデータサイエンスの現在と未来について語る。

【企画協力:Med IT Tech】

宮田 裕章

慶応義塾大学医学部 医療政策・管理学教室 教授

新井 康通

慶應義塾大学医学部 百寿総合研究センター 専任講師

申し込みページはこちら(ヘルスケアITセミナー申し込みページ)

ICTの変革が実現する、ヘルスケア新時代:DAY3 @ 慶應義塾大学殿町タウンキャンパス
1月 23 @ 3:30 PM – 7:30 PM

開催概要

リサーチコンプレックス推進事業における各種ICTプロジェクト等の紹介を通じて人工知能や深層学習等を含む最先端データサイエンスの動向を解説し、具体的な社会実装の手順を示しつつどのように地域や国全体のWellbeing向上に貢献できるのかを解説します。本年度はヘルスケア領域での「イノベーション」創発に重点を置き、デザイン思考を取り入れたワークショップを通じてヘルスケア分野でのアプリ開発をグループで企画する演習も行います。

Day3

 平成31年1月23日(水) 15:30~19:30

講義タイトル:『ゲーミフィケーションとヘルスケアICT~行動変容を起こすアプリケーション』

ゲーミフィケーションを取り入れたウェルビーイング向上のアプリはつくれるのか?メーカーに加え製薬企業などのヘルスケア産業界から講師を招き議論します。EDGE形式のワークショップを1時間入れて生徒にアプリ開発のアイデアを考えてもらいます。

 >>開催会場:慶應義塾大学殿町タウンキャンパス

主催:殿町リサーチコンプレックス推進プログラム(中核機関/慶應義塾大学)
協力:株式会社ポケモン
   株式会社ナイアンティック
   神奈川県

関連記事

Posted by medit-tech-admin