Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!




Healthcare Venture Knot 2019

いつ:
2019年10月26日 @ 1:00 PM – 7:00 PM
2019-10-26T13:00:00+09:00
2019-10-26T19:00:00+09:00
どこで:
ベルサール御成門駅前
日本、〒105-0004 東京都港区新橋6丁目17−21 住友不動産御成門駅前ビル 1F
料金:
1500/3000/4000
連絡先:
キャピタル・メディカ・ベンチャーズ

スポンサーリンク

Healthcare Venture KNOT 2019

 
【CMV×SHIP ヘルスケアビジネスコンテスト】2019年10月26日 13:00-  @ベルサール御成門駅前 
日本最大規模のヘルスケアビジネスコンテストを開催します!今回のテーマも「医療者とヘルスケアベンチャーを結ぶ」です!

【CMV×SHIP ヘルスケアビジネスコンテスト】

2019年10月26日 13:00-  @ベルサール御成門駅前 
日本最大規模のヘルスケアビジネスコンテストを開催します!
今回のテーマも「医療者とヘルスケアベンチャーを結ぶ」です!

▶ 当日スケジュール
13:00-13:15 開会の挨拶
<第1部>
13:15-14:15 ①超アイデアコンテスト×4(スーパーノヴァ部門)
14:15-15:35 ②ヘルスケアビジネスコンテスト×4(アーリー部門)
15:35-15:45 休憩
15:45-16:45 ③HVK推奨ヘルスケアスタートアップピッチ×4
16:50-17:00 休憩
<第2部>
17:00-17:45 当事者×医療者×スタートアップ セッション
     『スタートアップが切り拓く、希少疾病医療の可能性~ALS治療の現場から~』
17:45-18:00 コンテスト審査発表
18:00-19:00 懇親会

第1部は、
①医療従事者による現場の課題を解決する超アイデアコンテスト(スーパーノヴァ部門)と②スタートアップによるヘルスケアビジネスピッチです。各々ファイナリスト4名/社のプレゼンから、それぞれ最優秀賞を選ばさせていただきます。

▶ ①超アイデアコンテスト(スーパーノヴァ部門)出場者/発表タイトル
・河村 由実子/リハノワ〜自助から繋げる互助への連載~
・清水 なほみ/なぜ「街の保健室」が必要なのか?
・伴 大輔  /LINE bot.を活用した在宅リハビリテーションプログラム
・山田 達也 /グラム染色を世界の医療機関に広げ、抗菌薬の適切な使用をすすめる

※発表順、タイトルは変更の可能性有

▶②ヘルスケアビジネスコンテスト(アーリー部門)出場者/発表タイトル
・株式会社ゼスト 伊藤 由起子/在宅医療の人手不足をHackする☆ZEST
・アトピヨ Ryotaro Ako/日本初の”アトピー見える化アプリ”アトピヨ
・株式会社ファーマクラウド 山口 洋介/医薬品流通の非効率を無くす
・株式会社エブリ・プラス 佐藤 亜以/介護施設と外の世界を繋ぐSaaS型プラットフォーム“レクリエーションマッチングサービス”

※発表順、タイトルは変更の可能性有

▶③HVKが推奨する拡張フェーズに入っているスタートアップのエキシビションプレゼン
・Healthcare venture knot 2019 ヘルスケア最優秀アプリケーション賞/シルタス株式会社
・Healthcare venture knot 2019 ヘルスケア最優秀オペレーション賞/株式会社 笑美面
・Healthcare venture knot 2019 ヘルスケア最優秀ビジネスデベロップメント賞/株式会社miup
・Healthcare venture knot 2018最優秀賞/AMI株式会社

▶ 特典(希望者)
  ①超アイデアコンテスト(スーパーノヴァ部門・審査なし)
  - SHIP1年間無料加盟権
  - CMV 青木・SHIP 石井とアイデアブラッシュアップランチへご招待  
  - 起業の際はCMVから100万円の出資を検討

  ②ヘルスケアビジネスコンテスト(ビジネスピッチ アーリー部門・審査あり)
  - SHIP1年間無料加盟権
  - CMVから最大500万円の出資
  - Healthcare Venture KNOT 2019大賞贈呈

第2部は、
当事者×医療者×スタートアップの3名をお招きして、パネルディスカッションをしていただきます。
テーマ『スタートアップが切り拓く、希少疾病医療の可能性~ALS治療の現場から~』

パネリスト
当事者/真下 貴久(鷹和合同会社 代表)
スタートアップ/浅井 克仁(株式会社遺伝子治療研究所 代表取締役社長)
スタートアップ/北村 幸一郎(メスキュージェナシス株式会社 代表取締役社長)
スタートアップ/進 照夫(株式会社aceRNA Technologies 代表取締役)
医療者/桑原 宏哉(神経内科医、厚生労働省 医政局 研究開発振興課治験推進室 室長補佐)

モデレーター
黒川 久里子(株式会社コルク 取締役副社長、一般社団法人せりか基金 代表)
青木 武士 (株式会社キャピタルメディカ・ベンチャーズ 代表取締役)

 ヘルスケア領域のベンチャー環境は大きく変わってきており、しっかりと利益を上げながらアウトカムを出す事にこだわるヘルスケアスタートアップがどんどん出てきています。もちろん、最前線で治療にあたる医療者は、患者さんの生活を守る為に命を燃やしてアウトカムを出し続けています。ヘルスケアスタートアップと医療者。手段は異なりますが、ヘルスケア領域をより良くしていこうと思う気持ちは同じ。
今より良くしたい、課題を解決したいと日々研鑽されています。

 ただこの両者は、これまで育ってきた環境が違うので、考え方やコミュニケーションのプロトコルが合わないことがあり、上手く接点を持つことが少ないように思います。

同じ目的をもつ両者をつなげたい。

医療介護等の現場を大切にして、現場の課題をビジネスという手法で解決する事が、とても有意義なことなのだと議論したい。今回のビジネスコンテストもそんな気持ちで開催させて頂きます。

ご興味のある方は、是非、チケットをご購入のうえ、ご参加ください!
いまなら、【事前申し込み】金額でのご案内となっています。
※チケット代金には懇親会参加費も含まれています。

▼Healthcare Venture Knot 2018 開催ダイジェスト

▼昨年開催ページはこちら

Posted by medit-tech-admin