Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!




医療・ヘルスケアにおける法・社会制度に関するワークショップ

いつ:
2019年9月24日 @ 1:00 PM – 6:00 PM
2019-09-24T13:00:00+09:00
2019-09-24T18:00:00+09:00
どこで:
慶應義塾大学 三田キャンパス北館
日本、〒108-0073 東京都港区三田2丁目15−45
料金:
無料

医療・ヘルスケアにおける法・社会制度に関するワークショップ / WORKSHOP ON MEDICAL AND HEALTHCARE DATA-LAW AND SOCIETY

 

スポンサーリンク

医療・ヘルスケアにおける法・社会制度に関するワークショップ
/ WORKSHOP ON MEDICAL AND HEALTHCARE DATA-LAW AND SOCIETY

〜グローバルに通用するヘルスケアデータの利活用のためのポイントは何か〜


・概要 / About ・____________________________

AIやIoTといった急速な情報技術の進化とグローバル化により、医療・ヘルスケアを取り巻くデータの取扱いは新しい局面を迎えています。医療・ヘルスケアデータを取り扱うサービスを展開する企業の多くは、日本の次世代医療基盤法、個人情報保護法、そしてEUのGDPR(一般データ保護規則)など、国内外問わず幅広い知識やリテラシーが求められるようになってきました。
そこで、本ワークショップでは、医療・ヘルスケアデータの法的・倫理的取扱いについて、国内外の動向と今後の展望を、個人情報保護委員会、慶應義塾大学医学部、法学部、サイバー文明研究センターなどから有識者を招いて解説します。

Globalization and technological advancements are changing the way in handling medical and healthcare data. With an increasing number of enterprises interested in developing services using sensitive medical and healthcare data, it is important to raise awareness on this subject and look into the existing policy structures that focus on such issues. In the workshop, we invite experts from OPERA at Japan Science and Technology Agency, Cyber Civilization Research Center, Medical School and Law School at Keio University, to discuss trends and forecasts regarding the development of medical and healthcare data from the perspectives of law and the societal impacts, domestically and internationally.

・日時と言語/ Date, Time and Languages・ ___________________

– 開催日/Date: 2019 / 9 / 24 12:30~ OPEN

– 時間と言語/ Time and Languages:

・Part1  *English Only, 英語のみ / Free, 無料  
 13:00-13:45 / Global Trends in Personal Data

・Part2 *Japanese Only, 日本語のみ / Free, 無料
 13:50-18:00 / 医療・ヘルスケア分野のデータ保護制度に関する国内最新動向

・会場 / Venue・ ______________________________

慶應義塾大学三田キャンパス 北館ホール
North Hall, Keio University Mita Campus
https://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html

・登壇者 / Speakers・_________________________

David Farber / デイビッド・ファーバー 氏
慶應義塾大学教授 サイバー文明研究センター共同 センター長
Co-Director, Cyber Civilization Research Center Keio University

Jiro Kokuryo / 國領 二郎 氏
慶應義塾 常任理事、慶應義塾大学 総合政策学部 教授 
Vice President, Keio University
Professor, Faculty of Policy Management, Keio University

大屋 雄裕 氏
慶應義塾大学法学部教授
専門は法哲学。東京大学法学部卒、同大学助手・名古屋大学大学院法学研究科教授等を経て現職 。著書に『自由か、さもなくば幸福か?:21世紀の〈あり得べき社会 〉を問う』(筑摩選書、2014年)、『法哲学と法哲学の対話』(共著 、有斐閣、2017年)、『裁判の原点:社会を動かす法学入門』(河出ブックス、2018年)等がある。総務省「AIネットワーク社会推進会議」構成員(影響評価分科会長代理)、内閣府「人間中心のAI社会原則検討会議」構成員、総務省情報通信政策研究所特別研究員なども務める。

山本 龍彦 氏
慶應義塾大学大学院法務研究科教授 兼 
慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート副所長
2014年より慶應義塾大学大学院法務研究科 教授。司法試験考査委員、ワシントン大学ロースクール客員教授、 内閣府・消費者委員会専門委員などを歴任。現在、 一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会理事 、、経済産業省・公正取引委員会・総務省「 デジタルプラットフォームを巡る取引環境整備に関する検討会」 委員、総務省「AIネットワーク社会推進会議(AIガバナンス検 討会)」構成員などを務める。主な著書に『 おそろしいビッグデータ』(朝日新聞出版社)、『AIと憲法』( 日本経済新聞出版社)などがある。

宮田 裕章 氏
慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室教授
東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻修士課程修了。同分野保健学博士(論文)。早稲田大学人間科学学術院助手、東京大学大学院医学系研究科医療品質評価学講座助教を経て、2009年より同大学大学院准教授、2014年より同教授 (2015年5月より非常勤)、2015年5月より現職。2016年10月より国立国際医療医研究センター国際保健政策・医療システム研究科科長(非常勤)。厚生労働省参与、日本医師会客員研究員、厚生労働省データヘルス改革推進本部データヘルス・審査支払機関改革アドバイザリーグループ構成員なども務める。

藤田卓仙 氏
2006年東京大学医学部卒業. 2011年東京大学大学院法学政治学研究科修了. 現在, 世界経済フォーラム第四次産業革命日本センタープロジェクト長, 慶應義塾大学特任講師ほか. 医師, 法務博士(専門職). 主著:『薬価の経済学』(共著)(日本経済新聞出版社)

佐脇 紀代志 氏
(現職 個人情報保護委員会事務局参事官)
1992年東京大学法学部卒業後、通商産業省(現経済産業省) 入省。2003年政策研究大学院大学博士号取得(Ph.D. in Public Policy)。2011年より情報経済課長、2014年より産 業機械課長として、IT分野、ロボット、AI等の政策の企画立案 に携わる。2018年7月より個人情報保護政策を担当。

・プログラム / Program・ ______________________

(12:30〜 Open )

Part1:Global Trends in Personal Data *English Only, 英語のみ

  • 13:00-13:05 Opening remarks – Jiro Kokuryo  國領二郎 氏
  • 13:05-13:20 Keynote speech – David Farber デーヴィッド・ファーバー 氏
  • 13:20-13:45 Dialogue – David Farber & Jiro Kokuryo 氏

Part2:医療・ヘルスケア分野のデータ保護制度に関する最新動向 *Japanese Only, 日本語のみ

「個人情報の多様性と規律:of/by/for」大屋 雄裕 氏
個人情報(個人に関する情報)と扱われているもののなかに は、その本来的な性質に応じて(1)個人の客観的な性質に関するもの(of) 、(2)個人の主体的な 行為の帰結であるもの(by)、(3)他者による当事者への介入 ・干渉によるもの (for)と分極できるような差異があると考えられる。医療・著 作権など従来の法 制を個人に関する情報の多様性のなかに位置付けたうえで、ヘルスケアデータの 性質とそのあるべき扱い方についての検討を行なう。

「個人情報保護法のいわゆる3年ごと見直しについて)」 佐脇紀代志 氏

個人情報保護委員会では、 法律に基づく3年ごとの見直しを行っている。 4月には中間整理を示し、 これに対するパブリックコメントを募り、 寄せられた意見や更なる有識者、 関係者からの意見等も踏まえつつ、 来年早期の改正法案国会提出を目指して検討を進めている。 中間整理等を題材に主要な課題・論点を紹介する。

「憲法的視点からみるヘルスケア・ データの利活用と保護」山本龍彦 氏
個人情報保護法制の意義を憲法原理にまでさかのぼって考察し、 そこからヘルスケア・ データのあるべき保護と利活用のあり方を検討する。

「第四次産業革命時代のヘルスケア・データ政策」藤田卓仙 氏

「データルネッサンス-信頼を軸にしたデータ流通と共創-」(仮) 宮田裕章 氏


パネルディスカッション 

(宮田裕章氏、山本龍彦氏、大屋雄裕氏、佐脇紀代志氏、藤田卓仙氏)

・意見交換会 / Host・___________________________
ワークショップ後にはキャンパス内ファカルティクラブにて有識者とクローズドな意見交換を行う機会を設けております。
現地受付で会費のお支払いをお願いいたします。詳細は後日個別にお知らせいたします。
After the workshop, there will be a reception in which you can exchange opinions with the speakers at the Faculty Club, Keio University. Please pay at the entrance. Further details will be sent to you later.

*意見交換会チケットを入手後のご変更・キャンセルの場合は、20日前までに下記へご連絡をお願いいたします。
*If you cancel after you buy the reception ticket, please inform the staff below before the 20th of September.

連絡先 / Contact:
佐野仁美 Hitomi Sano
event@www.ccrc.keio.ac.jp

・共催 / Host・___________________________

・慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室
・慶應義塾大学 KGRI サイバー文明研究センター
・PeOPLe共創・活用コンソーシアム
後援
・一般社団法人日本医療ベンチャー協会

・お問い合わせ / Enquiry・___________________________

佐野仁美 Hitomi Sano event@www.ccrc.keio.ac.jp

Posted by medit-tech-admin