みんなのコホート研究入門・第3回(東北編)

いつ:
2018年4月20日 @ 12:00 PM – 4:00 PM
2018-04-20T12:00:00+09:00
2018-04-20T16:00:00+09:00
どこで:
慶應義塾大学 信濃町キャンパス 総合医科学研究棟 1階ラウンジ
日本、〒160-0016 東京都新宿区信濃町35
料金:
無料
連絡先:
地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所 人材育成部 教育研修課 教育研修グループ
044-819-2033

日時

平成30年4月20日(金)12:00~16:00

募集人数

30名

先着順にて承ります。

参加費

無料

会場

慶應義塾大学 信濃町キャンパス 総合医科学研究棟 1階ラウンジ
・ 信濃町駅(JR総武線) 徒歩4分 (東京都新宿区信濃町35)
・ 国立競技場駅(都営地下鉄大江戸線) 徒歩5分

>>MAPはこちら

講師

長神 風二 氏
東北大学東北メディカル・メガバンク機構 広報渉外・企画分野 特任教授

寳澤 篤 氏
東北大学東北メディカル・メガバンク機構 個別化予防・疫学分野 教授

清水 厚志 氏
岩手医科大学いわて東北メディカル・メガバンク機構 生体情報解析部門 特命教授

このような方にお勧めします。

コホート研究に関心のある、 エンジニアリングやデータサイエンス分野の研究者・技術者、統計科学・数理科学の研究者、 医療関係者、医学と他の分野の境界領域で活動する大学・企業研究者・学生など

案内・武林 亨 (慶應義塾大学大学院 健康マネジメント研究科委員長、医学部衛生学公衆衛生学 教授)

現在の日本は、人類史上経験のない超高齢化社会に向かっています。高齢期における健康、経済、社会的な問題への対処にとどまらない、若年期からの予防啓発、世代間や地域のつながりを重視した社会的活動、科学技術の活用など、あらゆる年齢層を対象としたさまざまなアプローチが各地で試行されはじめています。
こうした多面的な取り組みを医学の視点で俯瞰し、客観的なエビデンスをもって現象の背景を解き明かすコホート研究 (※1)に、近年、関心・期待が高まっています。
とくにこの 10 年ほどで、革新的な進歩を遂げている高性能な分析機器や大型コンピューターを駆使し、集団を構成する個人レベルの遺伝子やタンパク質等の膨大な生体情報を網羅的に集積して、有用な情報を適切に抽出する新たな手法が盛んになりつつあります。こうした解析の過程では、臨床医学、疫学、統計学、データサイエンス、エンジニアリング等の専門家の協働は不可欠です。もちろん、地域住民との信頼関係に基づく理解と協力が研究の質を左右することは言を俟ちません。
つまり、コホート研究は医師だけではなく、医療、科学技術、行政、地域活動の総力戦であり、広範な分野からの人材の結集が、いまこそ必要となっています。
「みんなのコホート研究入門」では、現在進行中の取り組みを学びながら、“well-being society”(※2)の実現を共に目指してくれる仲間づくりからはじめます。
コホート研究に関心のあるエンジニアリングやデータサイエンス分野の研究者・技術者、行政関係者をはじめ、医療関係者や医学と他の分野の境界領域の研究や実務に携わっておられる方々の参加も歓迎いたします。みなさまの奮ってのご参加をお待ちしています。

※1 コホート研究: ある特性(生活習慣や検診の受診歴など)をもった集団(これを「コホート」という)に対して疾患の罹患や死亡などを追跡することによって、その特性と疾患のリスクとの関連を明らかにする研究〔国立がん研究センター HPより引用〕。
※2 well-being society: リサーチコンプレックス推進プログラム「世界に誇る社会システムと技術の革新で新産業を創るWellbeing Research Campus」が目指す、誰もが等しく、健康かつ安心に、生き生きと誇りを持って暮らすことができる社会。

※ 本講座は、JST 研究成果展開事業「世界に誇る地域発研究開発・実証拠点(リサーチコンプレックス; 拠点名 世界に誇る社会システムと技術の革新で新産業を創る Wellbeing Research Campus)」(中核機関: 慶應義塾大学) の一環として実施されます。

関連記事

Posted by medit-tech-admin