Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!




医療×AIの可能性と製薬ビジネスの未来

いつ:
2019年9月24日 @ 7:30 PM – 9:30 PM
2019-09-24T19:30:00+09:00
2019-09-24T21:30:00+09:00
どこで:
日本橋ライフサイエンスビルディング 10階ラウンジ
日本、〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2丁目3−11
料金:
無料
連絡先:
株式会社Ubie

スポンサーリンク

医療×AIの可能性と製薬ビジネスの未来

AI問診サービスを開発・提供しているスタートアップのUbie社のメンバーが、製薬企業の担当者として理解すべき医療×AIの潮流や展望、事例について熱く語ります! 

——–

■どんな内容

 人工知能/AIという言葉がバズワードになって久しいですが、データやエビデンスが重視されるメディカルの領域においては、AIの活用領域が広く異業種からの参入やスタートアップ企業の興隆に見て取れるように、近年さらに注目度が高まっています。
そのような状況下において、製薬企業のマーケティング担当者としても今後いかにAIと向き合い、使いこなしていくのかというのは重要なテーマの一つです。

 今回は、医療AIスタートアップをリードするUbieの共同代表であり医師でもある阿部と、データサイエンティストとしてアルゴリズムの開発を行っている望月から、製薬企業の担当者として身に着けておくべきAIの話題を提供し、皆様にデジタル活用が進むライフサイエンス/ヘルスケア産業を生き抜くうえで必要な視座を養っていただくことを目指します。

■このような方にお勧め

製薬企業のマーケティング部署やデジタル関連部署にご所属で
 ● 医療×AIの世界について具体的な事例が知りたい方
 ● 医療・ヘルスケア業界のテクノロジーにご興味ある方
 ● 製薬企業としてどのようにしてAIと向き合っていくかをお悩みの方
 ● AIの基本的な知識を身に着け、製薬企業のビジネスに反映させたい方

■イベント詳細

 ● 対象:製薬企業のマーケティング部署、デジタル関連部署のご担当者
 ● 場所:日本橋ライフサイエンスビル10Fラウンジ
 ● 日時:2019年9月24日(火)
 ● 会費:無料
 ● 定員:30名程度(申込状況によっては参加は抽選とさせていただきます)

 ●タイムライン:
  - 開場: 19:15~
  - 開演: 19:30~     
  - 懇親会:20:30~
  - 解散: 21:30

■登壇者詳細

<阿部 吉倫>
2015年東京大学医学部医学科卒。
東京大学医学部付属病院、東京都健康長寿医療センターで初期研修を修了。血便を放置し48歳で亡くなった患者との出会いをきっかけに、「患者を治療する医師はたくさんいるが、そもそも “早期発見を行うこと”“患者をたくさん作らないこと”も医療への貢献のあるべき姿だと痛感し、データサイエンスの世界へ。独学でアルゴリズムを学び、データベース構築に使用した論文は5万件以上。2017年5月にUbie株式会社を共同創業、全国の病院向けにAIを使った問診システム(AI問診UBie)の提供を始める。

<望月 駿一>
早稲田大学大学院先進理工学研究科卒。
在学中は情報幾何を用いたランキング理論について研究。 機械学習OSSを用いた競技会で大賞受賞。卒業後はリクルートで旅行領域の法人向けSaaS製品に用いる予測エンジンの開発を担当。「速習 強化学習」の翻訳を担当。Ubieでは質問選定や病名予測アルゴリズムの開発を担当。

■Ubie株式会社について
ユーザーの持っている症状を深掘りし、そこから病気を推測する技術を用いて、
「世界中の人々を適切な医療に案内する」というミッションの達成を目指している会社
現在は、病院の業務を効率化するAI問診サービスの展開に注力している。
Ubie社HP:https://ubie.life

Posted by medit-tech-admin