FRONTEO、医療情報テキストの自動分類・審査AIソフトウェアを発表

NEWS

 自然言語処理に特化した自社開発AIエンジンをベースとするAIソリューションを展開しているFRONTEO(東京都)は3日、医学専門情報の仕分けを行う自動分類AIソフトウェアの提供を開始した。

読み込ませた情報を設定した基準で自動仕分け、表示

 今回同社が提供を開始した「Mekiki(メキキ)」は、同社独自の自然言語解析AIエンジン「Concept Encoder」をベースにしたソフトウェア。文書管理や書類審査等に多大な労力やコストをかけている製薬企業を主なターゲットとしたもので、臨床開発・薬事申請・品質管理等の業務における厳格な基準に基づく医療専門情報の取り扱い、「医療用医薬品の販売情報提供活動ガイドライン」に則ったプロモーション活動の監督指導に役立つものだという。

 同ソフトウェアに業務で使用する文書、メールなどのデータを読み込ませると、AIがユーザーの設定した基準に従い「基準に合致するもの」「しないもの」「どちらの可能性もあるもの」に分類表示する。各分類カテゴリをさらに階層化して仕分けすることも可能で、注視すべき単語や内容はハイライト表示され、効率的に確認作業ができるという。対象とするデータは文書ファイル・電子メール・スライドファイルなど、様々な形式のデータに対応しており、専門用語や業界特有の分類・管理基準にも対応するとしている。

関連記事