スマートフォン付属のカメラで心拍数と呼吸数を検知、Googleが3月より開始 対応は自社製品から

NEWS

 Googleは展開するフィットネスアプリ「Google Fit」上で、2021年3月より、スマートフォン付属のカメラで呼吸数と心拍数を計測する新機能の提供を始めると発表した。当初の対応製品は自社販売するスマートフォン「Pixel」のみだが、将来的にはAndroid搭載スマートフォン全体に拡大する予定だ。

スポンサーリンク

顔面撮影で呼吸数を検知、心拍数は指先の撮影で

Google Fit が発表したプレスリリースより

 Googleが今回発表した「Google Fit」における新機能は、アプリをインストールしているスマートフォン付属のカメラをそのまま使い、心拍数と呼吸数を計測できるというもの。心拍数測定の場合は背面のカメラで指先を撮影し、皮膚の色の変化から血流を推定し心拍数を割り出す。また、呼吸数測定にはメインカメラを活用。いわゆる自分のバストアップ画像を撮影する要領で一定時間撮影すると、呼吸数を検知し表示するという。

 同社によれば基礎的な臨床研究をすでに終えており、明るさや肌の色、年齢といった考慮すべき要因を組み込んだアルゴリズムを構築したとしているが、同時にこれは医療目的ではなく、あくまでフィットネスアプリ利用者のための機能向上だとしている。

関連記事