MICINが少額短期保険事業に参入 女性特有がん再発を対象に日本初の保険商品発売

NEWS

 

 オンライン診療サービスなどを展開するMICIN(東京都)は、少額短期保険を発売する子会社「MICIN 少額短期保険株式会社」を設立し、8月25日より女性特有がんの再発に特化した日本初の保険を販売開始したと発表した。がんに罹患したあとの再発前から加入でき、ウェブサイトから最短10分で申し込み完了するという。

乳がん・子宮頸がん・子宮体がん再発に特化

 25日よりMICIN少額短期保険が発売した保険は、女性特有の乳がん・子宮頸がん・子宮体がんに罹患し手術を終え、6ヵ月経過した満 20 歳~満 69 歳の女性が対象。治療したがん種とステージ(0〜II)により月々の保険料が変わるが、診断書があれば同社のウェブサイトから最短10分で申し込みができる。給付内容は、再発の診断がされた時点でがん診断給付金ががん種にかかわらず80万円、死亡保険金が保険料額の多寡に応じて100万〜300万円と設定されている。

 同社では「通常、がんに罹患した後では生命保険に新たに加入する条件が厳しく、また加入できたとしても保険料が高額になる」とし、罹患した後に加入できる新しい保険を開発したと意義を述べている。

関連記事