東北大とフィリップス、ヘルスケア共同研究で包括的提携

NEWSフィリップス, 医工連携, 医療ICT, 医療IT, 東北大学

 
(東北大学のプレスリリースより)

2018年6月26日、東北大学とフィリップス・ジャパンは、ICTを活用し「人々の行動変容」にフォーカスしたヘルスケア共同研究について包括的提携を締結した。これに伴い、フィリップスは同大学病院内に協働のための新しいラボ施設を設置した。

スポンサーリンク

「ソリューションを世界に向けて発信したい」

同日行われた締結式と会見には、東北大学の大野英男総長、ロイヤル・フィリップスのFrans van Houten CEO、フィリップス・ジャパンの堤浩幸代表取締役が出席。大野総長は今回の提携について「東北地区は、人口減少や超高齢化、医療へのアクセシビリティの低下などの課題が顕著にあらわれる地域。これらの課題解決にフィリップスとともに全学をあげて取り組み、よりよい生活を提供するソリューションを世界に向けて発信したい」と意義を語った。

(東北大学プレスリリースより)同日設置されたPHILIPS Co-Creation Satellite(CCS)

またこの日、東北大学病院内に両者の協働を促進するPHILIPS Co-Creation Satellite(CCS)が設置された。すでにフィリップス・ジャパンの共同研究員は、今回の提携締結の前の前駆的プログラムにに参加し、医療従事者と一緒に現場でのニーズ探索を行っている。

なおフィリップス・ジャパンは同日、日本で初めてのイノベーション研究開発拠点として、「PHILIPS Co-Creation Center」を、2019年3月をめどに宮城県仙台市に設立することも発表した。研究者に加え様々な企業にも参加を求め、新しいソリューションやサービスモデル共創の場を目指すという。

(フィリップスのプレスリリースより)2019年3月に解説される予定のPHILIPS Co-Creation Centerのイメージ
(フィリップスのプレスリリースより)2019年3月に解説される予定のPHILIPS Co-Creation Centerのイメージ

関連記事