トヨタグループ、医療現場および医療用品への支援を表明 3Dプリントで防護マスク生産も

NEWS3Dプリンター, COVID-19, トヨタ, 医療ICT, 医療IT, 新型コロナウイルス

 2020年4月7日、トヨタ自動車を中核とするトヨタグループは、新型コロナウイルス対策に取り組む医療現場および社会に対する支援を行うと表明した。具体的な取り組みは今後検討するものもあるが、まずは医療現場で不足する医療用フェイスシールドを試作型や 3D プリンターなどで製作し提供するという。

スポンサーリンク

6項目にわたる支援および計画を公表

 今回発表された支援内容は、グループ全体で実行および検討する内容で、具体的なものも計画段階のものもある。まず最初に取り組むのは、医療現場で不足しているフェイスシールドだ。すでにトヨタ自動車貞宝工場で試作型による医療用フェイスシールドの生産準備を進めており、週500~600個程度から生産を開始し、順次グループ企業でも生産可能か検討するという。

 また自社グループの生産ノウハウを活用し、医療機器メーカーの生産性向上をサポートする専用チームを結成し関係先と調整を進めているほか、サプライチェーンを活用した医療用マスクや防護服、体温計など衛生用品の調達支援、病院向けの簡易ベッド台、消毒液容器、医療機関等での簡易間仕切り壁など医療機器以外で必要とされる備品の生産協力も検討するとしている。

 こうした調達関連での支援以外には、治療薬開発や感染抑制に向けた支援として、カナダD-wave社が 進める量子コンピューターの利用サービスの無償提供プロジェクトにデンソーが参画し、利用促進に向けた技術支援を行うという。

関連記事