アスラテック、新型コロナウイルス対策向け ロボット活用ソリューションを一部無償提供

NEWS, COVID-19COVID-19, ロボット, 医療ICT, 医療IT, 新型コロナウイルス

 ロボットによる様々なソリューションを提供するアスラテックは、医療施設などの生活インフラとされる業種を対象に、新型コロナウイルス対策に生かせる自社のロボット活用ソリューションを無償提供すると発表した。提供期間は2020年6月30日まで。

スポンサーリンク

「遠隔会話」「消毒」「無人配送」の3つのソリューションを提供

 今回アスラテックが提供するのは、パンデミック下で非接触でのサービス提供を求められる、生活インフラを支える企業向けのソリューション。以下の3つのシーンに寄与するプログラムに関して、全部または一部を無償提供する。

遠隔会話ソリューション

 ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」に、アスラテックの遠隔ソリューション「VRcon for Pepper」を組み合わせ、遠隔コミュニケーションを実現する。例えば病院受付での応答を、対面ではなくロボットを介したコミュニケーションに代替することが可能となる。ロボット本体、通信環境以外の費用が無償対象。

消毒ソリューション

 中嶋製作所が取り扱う畜舎向け洗浄ロボット「クレバークリーナー」を、施設などでの消毒液無人散布作業向けにカスタマイズする。具体的には、アスラテックが保有する遠隔化技術「V-Sido WebConnect」を用い、離れた安全な場所から作業を行うことができるにする。ロボットへの遠隔機能の実装を無償で行う(ロボット本体のレンタルは有償)。

無人配送ソリューション

 屋内向けの自律走行型配送ロボット「RICE」を無償でレンタル提供する。隔離施設などにおいて、隔離対象者と接触することなく食べ物などを運べるため、接触感染を防ぐ目的での利用が想定できるとしている。ロボット本体(試験運用版)のレンタル、アスラテックによる初期設定および運用サポートが無償となる。

外部リンク:アスラテック プレスリリース(2020年4月24日)