Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

胎児エコー遠隔診断で重複大動脈弓の発見、根治に成功 近畿大学が発表

NEWSIoT, オンライン診療, 医療, 医療ICT, 医療IT, 小児, 新生児, 画像診断, 近畿大学, 遠隔医療

 

2018年5月24日、近畿大学医学部附属病院小児科(大阪府大阪狭山市)は、胎児エコーの遠隔診断で、出生前に先天性心臓病のひとつの重複大動脈弓(ちょうふくだいどうみゃくきゅう)を遠隔診断で2症連続して発見し、発症前のリスクが低い段階で根治手術に成功したと発表した。

 

スポンサーリンク

診断が難しい重複大動脈弓を、遠隔画像解析で発見

遠隔診断の様子(提供:近畿大学)

近畿大学医学部附属病院小児科は、平成28年(2016年)から胎児心エコー診断装置を活用し、近隣の産科医院とネット回線を通して、胎児心臓病の早期発見のための遠隔診断をこれまで500件以上行ってきた。妊婦がかかりつけの産院から移動することなく、専門医の診断を受けることができるシステムだ。このシステムでは、地域の産科医師は胎児の心臓をエコーで描出し、さらにボタンを押すことでエコー装置が自動的に数秒間で胎児心臓の動画像を取り込むことができる。この過程に専門的技術は必要ないという。

次に、取得した画像情報を専用回線(VPN回線)で近畿大学に送信。このVPN回線は画像情報を暗号化して送信し、また、指定された場所以外は受信できないため個人情報が外部に漏れる心配はないとしている。

胎児心臓病の診断では決まった5つの断面を描出し、心臓の異常を診断する。さらにカラー動画像も追加し詳細に診断を行う。専門医でなければこの5つの断面をうまく描出することは難しく、しかも心臓が動いているのでさらに難易度が上昇するという。大血管を1本1本丹念に描出し、カラー画像と合わせて診断することで、気管を取り巻く大血管を描出し診断することが必要なためである。この画像情報は実際のエコー動画像と遜色なく、任意の断面を描出することができるため、胎児心臓の専門医が遠隔診断することが可能となる。

今回近隣の提携病院より、妊娠28週目と30週目の胎児2人の心臓診断の依頼を受け、このシステムを活用し遠隔で画像解析したところ、重複大動脈弓であることを発見。その後、妊婦は同病院の小児科胎児心臓病外来を受診し、重複大動脈弓についての説明を受けた。両児とも本院産婦人科で無事出生し、慎重な経過観察の後、生後3週間で根治手術に成功。術後のCTでは気管の圧迫はなくなり、両児とも元気に退院することができたとしている。

同病院では「この症例は、地域の医療機関との連携とIoT技術を使った先端医療により、診断困難な難治性疾患を早期に発見・治療できた極めて珍しい症例であり、新たな治療方法を確立した大変意義ある事例だ」としている。

患者もコメント発表「遠隔で専門医に診ていただける場や手段がもっと広まっていけばいい」

今回、同病院で手術を受けた新生児の母親もコメントを発表。「息子の病気を妊娠中に早期発見していただいた事で、出産前から私自身も心構えはできましたし、NICUで専門の先生に診ていただける病院で出産を迎えられたので本当に良かったと感謝しています。今後、私と同じような経験をされる方がいれば、妊婦で遠方の病院へ通う事は大変なので、遠隔で専門医に診ていただける場や手段がもっと広まっていけばいいなと思いました」と述べている。

またこの症例に対し、日本産婦人科学会産婦人科専門医で、エナ大通りクリニック(北海道札幌市)の宿田孝弘院長は「遠隔診療の拡大が国策として実践されています。そのような背景の中でSTIC ※1を用いた遠隔診断システムをいち早く構築され、関西エリアにおいてCDH ※2を見付け出している功績は少子化が進む現代においてはより大きなものであると思います」とコメントを発表している。

※1 STIC:胎児の心四腔断面像を描出し断面像周囲を立体的に動画として取り込むこと
※2 CDH:先天性心疾患

症例解説:重複大動脈弓とは

大動脈弓の奇形で、気管と食道が血管によって完全に取り囲まれる状態になる病気。生まれてすぐは症状が出ないため、乳児より慢性的に咳や、喘鳴(ぜんめい)※3、陥没呼吸 ※4を繰り返し、啼泣(ていきゅう)時に気道感染を合併し呼吸不全症状に陥ってしまうのが典型的な症状とされる。出生後に症状やレントゲンなどの検査で診断することが極めて難しく、一般的には造影CTや血管造影といった人体に負担が大きい検査が診断に必要とされている。
このため、命に係わる症状を発症してから発見し、高度の気管狭窄を合併したリスクの高い状況で手術をしなければならない症例も少なくない。

※3 喘鳴:呼吸をするときに空気の通り道である気道が狭くなりゼーゼーなどと音がすること。
※4 陥没呼吸:呼吸をするときに空気の通り道に狭いところがあるとより強い呼吸運動が必要になり、胸の一部が陥没するようなる呼吸運動

今回の症例について

担当医:近畿大学医学部小児科学教室 講師 稲村 昇(いなむら のぼる)
専門分野:小児循環器学、胎児心臓病学

【本件の診断・治療について】
1人目(男児)
遠隔紹介・診断:12月16日(妊娠30週目)
外 来 受 診:12月20日
出     産:1月29日
手     術:2月13日
退     院:3月3日

2人目(男児)
遠隔紹介・診断:12月25日(妊娠28週目)
外 来 受 診:12月27日
出     産:3月11日
手     術:4月3日
退     院:4月18日

今回の重複大動脈弓は心臓の外側である大血管の異常であり、さらに診断が難しい領域にあります。大血管を1本1本丹念に描きだし、カラー画像と合わせて、気管を取り巻く大血管を描出し診断しました。胎児期は呼吸をしていないため症状が出現することはありません。しかし、出生後、呼吸が開始されると気管は日に日に太くなるため、気管を取り巻く血管による圧迫が強くなっていきます。症状が出現する頃は気管は細く狭まっており、その気管を治す手術も同時に行うとなると非常にリスクの高い手術になります。
正常な新生児は生後1か月間の成長は著しく、この間に進行する恐れがあると予測し、生後3週間で手術することを決定しました。
今回の症例はこのことを出生前に十分説明し、患者様の同意を得て症状が出現する前に手術を行うことができたため、気管を治す手術は不要となり血管を切断するだけで完治することが可能となりました。

関連記事