Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中外製薬、多職種連携SNSと連動した免疫チェックポイント阻害剤の治療支援アプリを提供開始

NEWSエンブレース, 中外製薬, 免疫チェックポイント阻害薬, 医療ICT, 医療IT

 

中外製薬と医療従事者向けSNS「メディカルケアステーション(MCS)」を展開するエンブレースは、中外製薬が製造販売する免疫チェックポイント阻害剤による治療を受ける患者の副作用マネジメントを目的として、MCSと連動した治療支援アプリを開発、提供開始したと発表した。

スポンサーリンク

免疫チェックポイント阻害剤対応のアプリとしては業界初

このアプリは、エンブレースが医療介護従事者専用に展開している完全非公開型SNSである「メディカルケアステーション(MCS)」と、九州大学病院で使用されている「免疫チェックポイント阻害薬の免疫関連有害事象(irAE)のチェックリスト」を基に開発し、患者状態の記録機能のほか、特徴として以下を搭載している。

  • 患者または家族による体調・気になる症状の入力
  • 気になる症状の程度に合わせた患者・家族・医療チームへのアラート

(リリースより)治療支援アプリの画面イメージ
(リリースより)九州大学病院で使用されているチームICIのチェックリスト

監修した九州大学大学院呼吸器内科学分野の中西洋一教授は「免疫チェックポイント阻害剤はirAEが発現する等、従来の化学療法とは異なる安全性プロファイルを有しており、患者さん、医療者それぞれにとって新たな課題となっています。この課題解決に向けICTの仕組みを活用することで、患者さんと医療従事者の距離が近づき、irAEの早期発見と対処を通じた重篤化の防止、さらには患者さんの安心感につながることが期待されます」と見解を述べた。なおこのアプリの使用に関しては、診療報酬の範囲外となっている。今後両者はこの実績を踏まえ、治療支援アプリのがん領域以外での展開を検討する。

関連記事