【コラム】支援したい皆様、よろしければお使いください

COLUMNCOVD-19, 医療崩壊, 新型コロナウイルス

編集主幹の河田です。いつも当サイトをご利用いただきありがとうございます。

スポンサーリンク

医療機関支援マッチングフォームを作ったわけ

最初の緊急事態宣言から2週間たち、その間に対象地域は全国へと広がりましたが未だ感染拡大基調は変わらず、収束が全く見えていません。増え続ける感染者で病床が埋まるとともに、医療従事者を守るマスクやフェイスシールド、ガウンなどの防護具が圧倒的な不足に陥り、多くの医療機関で感染が多発し、外来が停止されたりなどしています。

最前線で私たちの命を守る方々が危険にさらされ撤退を余儀なくされれば、一般の私たちはなんの手立てもなくパンデミックの渦に巻き込まれ、沈んでいくほかなくなります。有志の方々が3Dプリンタで当座をしのぐために支援するなど、活発な動きがみられますが、支援したい方々が多くなればなるほど、必要とする医療機関へスムーズに流れる物流を確保することが必要だと、ひとりの市民として感じていました。

記事にするまでもない水面下での取材では、それぞれの方々は、まずは手の届く範囲で、具体的に言えば以前からの取引先や顔見知りの近郊の医療機関への支援を第一にされているようでした。目の前で困っている医療機関を救うことは当然ですしスピーディな事態解決にも繋がります。

一方で支援したい意思があり、届けるものも持っているけれど、コネクションがない、どうしたらいいかと逡巡される方もいらっしゃると思います。実際、私の元にもいくつかそういう相談をいただきました。

そうした方のご意思を無駄にしたくない。そういう思いで、一介のメディアとしては出すぎた行為ですが、昨日以下のようなフォームを設置させていただきました。もし支援する資材を在庫しているかた、拠出できる数量をお持ちならばぜひ情報を入力していただきましたらと存じます。

 

 

当メディアは媒介するのみとし、取引には一切関知しません

 このフォームに入力された情報は、別途、私が連絡先を知っている医療機関の方々にメール等で連絡するかたちで、医療関係者の方々のみにクローズドなかたちで公開する予定です。透明性を担保するという意味で言えば、支援したい側の情報、支援が欲しい医療機関側の情報もどちらも公開した上でマッチングをはかることが必要なことは、私も十分理解していますが、今回はこのようなかたちをとることにしました。その理由は以下の2点です。

    • マッチングから完了までの間に混乱を生じさせたくない
      先日来の報道でご存知のかたも多いと思いますが、世界中、そして国内でも物資の奪い合いが起きており、ある場所へ届けるために算段をしていたのに、他の誰かが高値をつけて買い上げてしまうという事例が多発しています。これを防ぐためには「どこに何があるか」という情報は、本当に求めている医療機関にしか開示してはいけないと判断しました。

    • 医療機関への風評被害を防ぎたい
      また、今回は医療機関の方がどれくらいの資材が不足し、支援して欲しいかという情報は求めないことにしました。支援側の情報を、他には見えないルートで専ら見ていただき、必要なものを自ら見つけ連絡をとっていただくというフローにしています。どの医療機関で何々が足りない、という情報が一般に開示されますと、人によっては「あそこはマスクが不足しているからそろそろ院内感染が起きる」「不足しているということは院内の感染対策が十分でない、ウイルスを撒き散らすかもしれない」などと心ない噂を流す人も現れるでしょう。そうした風評被害の発生を防ぎ、本当に必要とする医療機関に必要なものが迅速に届けられるよう「情報フロー」のあり方を検討した結果、一般の方には開示しないことにいたしました。

 また、このような一見不透明に見えるかたちを取ることで、弊社が情報を蓄積した後にその立場を利用し、取引成立の際に手数料等など経済的便益を得たいのではないかと見られる向きもあるでしょう。もちろんそんなつもりは一切ありませんが、そう取られる可能性はあると弊社も認識しています。ですので、フォーム設置したページにも記載しておりますが、ここにも改めて以下を表明いたします。

弊社はこのフォームに入力された情報について、支援を必要とする医療機関が利用する用途のみに供用します。弊社を含めその他の目的での利用は禁じます。弊社はこのフォームで入力された情報をきっかけとする取引に一切関知せず、したがってその取引による紛争、トラブル等の責任を負いません。またここに入力され供用される情報は事態収束後、適切な技術を持って破棄いたします。

 

 また、私、編集主幹の河田の個人的関係におきましても、仕事がら多くの医療関係者に日常的に連絡をする立場ですので、そのようなことをした場合すぐにまわりから厳しい指弾がなされ、会社ごと事業続行が不可能となるのが明白です。単なる表明保証にしかなりませんが、お役に立てばという気持ちだけでやっておりますので、趣旨を理解いただき、よろしければご活用を検討くださいませ。お忙しい中長文にお付き合いいただきありがとうございました。