Googleマップに「新型コロナ情報」レイヤー追加 順次、全世界で機能有効に

NEWS, COVID-19

Googleは23日(現地時間)、AndroidおよびiOS向けのGoogleマップアプリに「新型コロナ情報」レイヤーを順次追加すると発表した。対象地域は全世界220カ国・地域としており、順次アップデートされ機能が有効になる見込みだ。

スポンサーリンク

そのエリアの一週間平均の新規感染者数、感染者密度を色分け表示

Googleマップに今回追加される機能は、表示領域内の一週間平均の新規感染者数、そのエリアにおける感染者の密度を色分け表示するもの。ジョンズ・ホプキンス大学、New York Times、Wikipediaなど、WHOや各国の保健当局のデータを収集している情報ソースから表示するという。日本ではまだ機能は有効になっていないが、Googleでは全世界220カ国・地域で順次機能を有効にしていくとしている。

関連記事