窪田製薬子会社、患者が自身で操作できる「超小型OCT」の量産型試作機完成

NEWS, 海外OCT, 医療, 医療ICT, 医療IT, 画像診断, 眼底画像, 眼科, 窪田製薬

窪田製薬ホールディングスは、以前より米国子会社のクボタビジョン・インクが開発している遠隔医療用の「超小型OCT」機器の量産型試作機が完成したと発表した。

スポンサーリンク

機能を絞り小型化、IoT化で患者が操作できる「超小型OCT」

網膜の中でも視力を司る黄斑部の腫れなどの変性は、通常、医療施設で精密な断層像を得られる据置型光干渉断層計(Optical Coherence Tomography:OCT)を使って検査する。同社が開発している「PBOS」(Patient Based Ophthalmology Suite)は、このOCTの機能を必要最小限に絞ることで小型化・軽量化、さらにネットワーク機能を持たせることで、患者自身が自宅で網膜の状態を検査できるというものだ。

同社では、重度の網膜疾患においては、高価な薬剤を1ヵ月あるいは2ヵ月ごとに繰り返し眼内注射で投与することが多く、最適な
タイミングでの治療の実現が課題になっていることから、ウェット型加齢黄斑変性や糖尿病黄斑浮腫等の網膜疾患の患者が、在宅、あるいは遠隔で網膜の状態を測定できるデバイスとして「PBOS」を開発しているという。インターネットを介し網膜の構造変化といった病状の経過を、医師が遠隔で診断できるシステムを確立することで、個々の患者に最適な眼科治療を実現することを目指している。

2018年、米国で実施した臨床試験において良好な結果が得られたことから(既報)、同社では実用化に向け研究開発を加速させており、今回の試作機完成となった。今後はさらなる機能改善のため、ソフトウェアを改良していくという。

関連記事