LINEヘルスケアが登録医師の不適切な対応を謝罪 ネットでの告発受け

NEWS

オンライン医療健康相談サービスを展開するLINEヘルスケアは、2020年8月2日、同社のサービスに登録し相談者への対応を行なっていた医師1人について、利用規約違反の行為が確認されたとして当該医師の登録を停止した。現在このサービスは新型コロナウイルス感染症への対応として、経済産業省に採択され利用者に無料でサービスを提供しており、税金の公正な執行に対し責任を持たなければならない事業者として、さらなる説明責任が求められている。

スポンサーリンク

ネットでの告発をきっかけに同社が対応

経済産業省 「令和2年度補正遠隔健康相談体制強化事業」の委託先が決定しました

LINEヘルスケアは、オンライン診療ガイドラインにおける「オンライン健康医療相談」に分類されるサービスを、チャットにおいて展開している。コロナ禍で感染を恐れた診療控えが起きる中、その対応策として経済産業省が予算措置を行った「令和2年度補正遠隔健康相談体制強化事業」の委託先のひとつに選ばれ、利用者に対し無料でサービスを提供している。

そのような環境にあり多くの方がサービスを利用している状態だが、利用者から、相談した登録医師にひどい言葉を投げかけられたとの告発がSNSで行われた。相談者は自殺衝動など症状を列挙して相談したところ

「芥川龍之介とか、太宰治とか、頭の良い人は大体自殺していますので、生きている価値がないというのは多分正解なんでしょうねぇ」
「言葉にできないやつはガキンチョだということですよ」

などと暴言を受けたという。同社はこの訴えがなされた翌日の8月2日に、告発した相談者に直接返信するかたちで反応し、「この度弊社のサービスをご利用頂いた際に大変不愉快な思いをされたとの事、心からお詫び申し上げます。 直ちに弊社において経緯を確認の上厳正なる対処を行って参ります」と返信、その後以下の公式なアナウンスを行った。

同社によると、暴言を行った登録医師1名を特定、利用停止とし、さらなる措置を行う予定だという。2020年8月3日現在、この医師についてどのような処置を行うのかはまだ発表されていない。なお上記のお詫びについても、公式ブログには掲載されていない。

最初に示した通り、期間限定(現状2020年8月末まで)ではあるが、同社のサービスは国の事業として採択を受け提供している最中であり、現在は純粋な民間事業とは言えない立ち位置にある。暴言を行った医師のモラルが問われるのはもちろんだが、プラットフォームを提供している同社にも、税金を投入された立場としての説明責任が生じている。今後このような事象が起きないような体制をどのように担保するのか、当該医師への対応も含めて注目される。

 

関連記事

NEWS

Posted by Shigeru Kawada