Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

メディヴァ、AppleWatchを使った健康維持支援サービス開始

NEWSメディヴァ, 健康年齢, 医療ICT, 医療IT, 診療支援

  

2018年5月16日、医療コンサルなどを手がけるメディヴァは、米国 The Diary Corporationが提供しているAppleWatchを活用したヘルスケア情報管理・共有システム「The Diary®」の国内での販売を開始した。独自の拡張機能として、日本医療データセンターの「健康年齢®」レポートの活用も可能になっている。

スポンサーリンク

AppleWatchを通しバイタルを入力・管理できる「The Diary®」

 

今回メディヴァが販売を開始した「The Diary®」は米国ですでにサービスインしている、AppleWatchを活用したバイタル管理と医療従事者との共有、連携ができるサービスだ。歩数・消費カロリー・エクササイズ時間・心拍数等、Apple Watchで自動収集される時系列の活動情報はグラフ化されるほか、体重・血圧・体調等の情報を個人が音声等でインプットすると、テキスト化され入力される。これらの情報は医療従事者に通知され、これまで細かく知ることのできなかった個人の状況を把握できるようになる。また、服薬リマインダの通知など、医療従事者から個人へのコミュニケーションも可能。これらの特長により、医療従事者の業務品質向上・効率化に繋がるとしている。

「健康年齢®」レポート提供で意識啓発・行動変容をサポート

また日本で提供されるThe Diary®では、医療従事者から個人へ、日本医療データセンターの「健康年齢®」を利用した『健康年齢®マンスリーレポート』の提供も可能となっている。本レポートでは、最初に検査した検査値から健康年齢の算出を行なっておく。その後、ユーザが体重や血圧データを継続的にThe Diary®にインプットすると、検査時からの経過日数と体重・血圧の変化量から、 採血・尿検査※の結果値を推測し、その推測値ベースでの『推測健康年齢(仮)』を計算してレポートする。体重・血圧を登録していくだけで、健康年齢®の改善状況がレポートされるため、ユーザのモチベーションの維持につながるとしている。

関連記事