「血液1滴から13種類のがんを99%の精度で検出」国立がん研究センターらの研究を東芝が実用化へ

NEWSがん, バイオ, マイクロRNA, リキッドバイオプシー, 医療ICT, 医療IT, 血液検査

 2019年11月25日、東芝は、東京医科大学および国立がん研究センター研究所との共同研究によって開発した「血液中のマイクロRNAを使った簡便で高精度ながん検出技術」の実用化に向け、2020年にも実証実験を始めると発表した。血液1滴でがん13種の検査を同時に、かつ2時間以内で行えるという。

スポンサーリンク

「ステージ0も含め、13種類のがんの患者と健常者を99%の精度で識別」

 この基礎となる技術は、2014年から2018年度まで国立がん研究センター研究所が中核となり進められていたプロジェクトから生まれており、13種類のがんの患者と健常者を99%の精度で網羅的に識別することに成功したとしている。また、東芝が開発したマイクロRNA検出技術を融合することで、検査速度を2時間以内まで高められたという。この中にはステージ0の検体も含まれており、東芝は13種類のいずれかのがん罹患を簡便・高精度に検出するスクリーニング検査に適応可能とだとしている。成果の詳細については、2019年12月3日- 6日に開催される「第42回日本分子生物学会年会」にて発表する。

※マイクロRNA
体の中で遺伝子やタンパク質を制御している20塩基程度の短い核酸分子で、血液中にも安定に存在していることが知られている。血液中に約2,500種類あるといわれる。最近、血液中のマイクロRNAの種類と量を調べると、肺がんや乳がんなどの様々ながんを早期に見つけられる可能性のあることが分かり、新しい診断マーカーとして期待されている。