Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!




多摩北部医療センター、不正アクセスで患者情報等3,671件が流出

NEWSインシデント, 不正アクセス, 医療ICT, 医療IT, 情報漏えい

 

 

2019年5月20日、東京都保健医療公社多摩北部医療センターは、所属医師のPC端末が不正アクセスを受け、メールアカウントが乗っ取られたと明らかにした。それ以外の被害は不明だが、乗っ取られたアカウントから職員の名を語った「なりすましメール」が送付されていることも分かった。

スポンサーリンク

乗っ取られたアカウントから「なりすましメール」、二次被害の可能性否定できず

同医療センターから発表された第一報によると、不正アクセスされたのは同センターに勤務する医師が使用する端末。同時にメールアカウントも乗っ取られ、すでにその医師の名前でなりすましのSPAMメールが数件送付されているという。また医師の端末には、インフルエンザ検査結果のリストなどに含まれる、氏名、受付日、検査結果等の情報が記載された個人情報が3,671名分がデータとして保管されており、悪用が懸念される状態だ。

同センターではメールアドレス流出の懸念がある関係者1,500名あまりにメール等で注意喚起、またそれ以外の個人情報漏えいの可能性がある方々に電話連絡を始めている。調べでは、今回不正アクセスを受けた端末以外に8台にウイルス感染、10台に感染の疑いがあることが判明しており、さらなる事態拡大も想定される状況だ。

関連記事