東北大学と楽天、イノベーション創出を目的とした包括連携協定を締結

NEWSドローン, ロボティクス, 医療ICT, 医療IT, 医療保険, 東北大学, 楽天, 自動運転

2019年4月2日、東北大学と楽天は、東北発のイノベーション創出を目的とした包括連携協定を締結した。ヘルスケア・医療・ロボティクス・人材育成と幅広い分野での協働を通じオープンイノベーションに取り組む。

スポンサーリンク

連携拠点「楽天イノベーションラボ東北」を設立

4月2日に仙台市内で行われた会見によると、初年度はヘルスケア・医療・ロボティクス・イノベーションを担う人材育成を連携分野とし、推進するための連携拠点「楽天イノベーションラボ東北」を大学内に設立する。取り組み内容については以下の通り(検討中のものも含む)。

(1) ヘルスケア・医療分野における連携 
東北楽天ゴールデンイーグルスとのスポーツ科学に関する共同研究
楽天保険グループ各社との共同研究
楽天のライフサイエンス事業推進部および「楽天キャピタル」と東北大学との連携

(2) ロボティクス分野の連携
ロボティクスおよび物流に関する研究・実験

(3) 人材育成分野の連携
人材育成をテーマにしたハッカソンの実施
学生、社会人学生向けの教育プログラムの開発

(4) その他両者が合意する事項
東北大学キャンパス内におけるスマホアプリ決済「楽天ペイ」導入

会見に出席した楽天の三木谷浩史会長兼社長は「楽天だけではできない研究開発ができる」と大学との産学連携に期待を示し、東北大の大野英男総長は「デジタル革命の研究開発で世界をリードしたい」と展望を語った。今後、両者は具体的に、スポーツ科学分野においてはイーグルスの選手などのデータを活用した怪我予防・パフォーマンス向上に資する取り組み、保険商品の開発、ドローンや無人運転による配送の実証実験などを行う予定だ。