Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!




横浜市立大学、日本初の「ヘルスデータサイエンス専攻」を2020年開設

NEWSデータサイエンス, 医療ICT, 医療IT, 横浜市立大学

 

横浜市立大学は、日本で初めてのヘルスデータサイエンスに特化した大学院「ヘルスデータサイエンス専攻」を2020年4月に開設すると発表した(設置届出済)。データベースなどを活用しながら、ヘルス領域のサービスやそれを取り巻く環境の最適化・効率化に寄与する人材を育成する。

スポンサーリンク

「個人」「病院」「政策」の各レベルで考察できる人材を育成

横浜市立大学は、医学部とデータサイエンス学部を併せ持つ現在国内唯一の大学。これまでも医学部を持つ大学や研究機関との協働を行なっているが、今後のデータサイエンスのニーズの高まりを見据え、専門の研究科を新設する。

「ヘルスデータサイエンス専攻」は2020年春に開設する「大学院データサイエンス研究科」の下に設置するコースで、「データサイエンス専攻」とともに併設される。リアルワールドデータや患者視点のデータ(モバイルヘルス機器で測定したバイタルなど)の解析、医療経済分析、病院経営に寄与する多指標の解析、臨床試験に関するデータ解析などの実践的な研究を行うことで、「個人」「病院」「政策」の多様なレイヤーで、データを活かした洞察や提言が行える人材を育成する。