厚生労働省、クルーズ船乗客にスマートフォン2,000台配布 LINEヘルスケアが無料で医療相談実施

NEWSLINE, 厚生労働省, 新コロナウイルス, 遠隔健康医療相談, 遠隔医療

 厚生労働省は2020年2月14日、総務省と民間企業の協力により、横浜港に検疫のため停泊中のダイヤモンド・プリンセス号の全室にひとつ、計2,000台のスマートフォンを配布したと発表した。これを活用して配薬への要望や心理ケア、医療相談を行う。その他の情報ソースによると、協力したのはLINEとソフトバンクで、前者は2月15日より無料相談を開始、協力医師が休日返上で対応に当たっているもよう。

スポンサーリンク

無償で機器設定、配布 LINEヘルスケアは医療相談開始

 厚生労働省はプレスリリースで「民間企業・総務省の協力により」と言及し、個別企業については触れなかったが、SNSで当該企業の役員が報告している。

 報告しているのはいずれもLINEヘルスケアの室山真一郎代表取締役、枡田淳取締役。既報の通り新コロナウイルス対策として、厚生労働省の対策用アカウントを公開しているが、船内に持ち込まれたアプリには、問い合わせ先などをカスタマイズしたアプリをインストールしているもようだ。

 また2月16日からは、LINEヘルスケアが、アプリを通じた船内乗員乗客向けの医療相談を開始。多くの医師が協力している様子が報告されている。